新着情報

news

歯茎下がり気になりませんか?

お知らせ一覧 > スタッフブログ > 歯茎下がり気になりませんか?
2022.8.11
院長ブログ
DR

最近、歯茎が下がって歯が長くなったような気がする、根っこが露出したところが冷たいものが染みる。そんな症状はありませんか?それは歯肉退縮という歯周病の初期症状の一つです。

歯を支える骨の厚み、歯肉の厚みは全員が同じではなく元々、厚い人もいれば薄い人もいます。歯肉や骨が厚い人は大きな問題は出にくいですが薄い人はかみ合わせやブラッシングの圧力によって歯肉退縮を起こすことがあります。また矯正後に歯肉退縮を起こす人もいます。

歯肉退縮を起こすとその部分は痛くて歯ブラシが当てられずに歯垢のたまり場になったりして重度の歯周病に進行する可能性があります。

歯肉退縮の治療は一般的には知覚過敏用の薬を塗布したりプラスチックを埋める治療が行われていますがいずれも応急処置で根本的な治療とは言えません。

歯肉退縮を根本的に治療し、より審美的に治療を行うには根面カバーと言われる歯肉の移植が必要ですが実際には極僅かな歯科医院でしか行われていないのが現状です。

木村歯科ではこの根面カバーに対しても豊富な実績がありますので歯茎下がりが気になる方は是非一度ご相談ください。

根面カバー術前

根面カバー術後