部分矯正
診療内容のご案内

partial correction – consultation menu

部分矯正とは

一般的に矯正治療は、上下の顎のバランス、歯の大きさと顎のバランスを整えることにより顎全体の咬み合わせを構築しながら歯並びを治していくため、年単位の治療期間がかかり、費用も高額になってしまいます。
それに対して部分矯正は前歯だけ、または見えるところだけに限定した見た目を重視した治療なので、短期間に安い費用で治療することができます。
「前歯のガタガタが気になるけど、矯正治療は治療期間も長いし、費用も高いので、なかなか踏みきれない」と思われる方に最適です。

部分矯正の治療法

  • 部分矯正では、基本的に犬歯から犬歯の計6本の歯に装置を装着します。歯の表面にブラケット(小さなボタンみたいな器具)を装着し、そこにワイヤーを通すことにより歯を動かしていきます。
  • 歯の大きさと顎のサイズのバランスが悪い場合はストリッピング(歯の幅を小さくする処置)か1本のみ抜歯(下顎の場合が多い)してスペースを作り治療を進めます。
  • 通院間隔は2~3週間に1回。
  • 通院のたびに歯並び・咬み合わせをチェックし、ブラッシングしにくい箇所の掃除とワイヤーの締め直し・ワイヤーの交換・必要であればストリッピングを行います。(1回の治療時間は15~30分)
  • 動処期間(歯を動かす治療)は3~6か月。(時々、歯並びによっては、もう少し長くなる場合もあります)
  • その後は保定治療となります。(きれいに並んだ歯を安定させる治療)
    この時期は、通院は3~6か月に1回。通院のたびに、歯並び・咬み合わせをチェックし、保定装置のチェック、お口全体のクリーニング(歯石・歯垢除去・着色の除去)、むし歯のチェックなどを行います。

矯正装置の種類

メタルブラケット

セラミックブラケット

メタルブラケット

セラミックブラケット

一般的な金属製の矯正装置です。

透明で目立ちにくいセラミック製の矯正装置です。

メタルブラケット

メタルブラケット

一般的な金属製の矯正装置です。

セラミックブラケット

セラミックブラケット

透明で目立ちにくいセラミック製の矯正装置です。

部分矯正のデメリット

  1. 歯を削る必要がある
    全顎矯正は主に抜歯をすることによってスペースを作りますが部分矯正ではスペースを作るために歯を削る必要があります。削る量は0.5ミリ程度で知覚過敏を起こさずに歯の形態を崩さない程度の量になりますが、削ることに抵抗がある方は全顎矯正をお勧めします。

  2. 歯の形がやや角型になる
    1. に関連しますが歯の側面を削る必要があるため厳密言うと歯の形が四角くなります。
    術前の歯並びの乱れに比べれば見た目は大きく改善されますが形態を特に気にされる方、丸型の歯が好みの方にはやや不向きかも知れません。

  3. 理想的なかみ合わせは作れない
    かみ合わせも術前に比べれば大きく改善されますが前歯だけの矯正なので全顎矯正のように奥歯も含めて理想的なかみ合わせを作ることは出来ません。
    ただしこれはあくまでも理想的なかみ合わせについての話になりますので術前に比べて噛みにくくなるようなことはありません。

  4. リテーナー(保定装置)が必要
    部分矯正に限らず矯正治療後には歯が後戻りしないようにリテーナーと呼ばれる保定装置が必要です。
    リテーナーには歯の裏側にワイヤーを接着する固定式の物と夜間装着する透明な取り外し式の物があります。

当医院の治療例

術前

部分矯正 術前

術後

部分矯正 術後

部分矯正 術前

部分矯正 術後

治療期間6カ月

術前

術後

術前咬合面

治療期間5カ月

術前

部分矯正 術前

術後

部分矯正 術後

治療期間3カ月